大阪・浜寺水路でカヤックフィッシング!

おはようございます。とっしゃん23です。

前回は大阪・浜寺水路でカヤックフィッシングができるか調査し出船できる感じだったので行ってきました。

時間は午前5時30分、潮は中潮です。

今年は大阪湾では、青物のツバス〜ハマチが良く釣れている情報なので、ジグヘッドワームでチニングは今回せずに、

午前5時30分〜7時に青イソメを使い浮き釣りでチヌを狙い

午前7時から8時までの時間帯でジギングをしてみます。

その前に以前、製作した自作ドーリー取り付け治具に錆止めをしました。

カラーはコンパクトフィッシングカヤックの色に合わせてグリーンにしました。やはり色を付けると感じが一気に変わりますね。

いい感じです。

早速出船で自作ドーリーを使い、桟橋まで無事到着し出船できました。

早々釣りポイントへ到着したんですが、何でしょうか?この橋の下にチヌが必ず居る感じ。 ぷんぷんします。

アオイソメをつけた仕掛けを沈めると早くも反応があったのですが、なかなか乗らず、その後、何度もトライしましたが本命のチヌは釣れず小サバが1匹だけ。(もちろんリリース)

非常に良い場所で、時間を掛ければ必ず釣れると感じました。時間が経つのも早く感じます。もうすぐ7時になりそうなのでポイントを移動し、少し沖の浜寺水路の入り口近くまでやってきました。周りの船の荷降ろしや小型船が横切るのに注意を払い、かなり汗だくに(汗)

やはり横切る船の引き波は、コンパクトフィッシングカヤックには弱点だと思います。釣りに集中していると非常に危険ですので皆さん注意してください。

手漕ぎの場合、接近して横切ってくる船に対して機敏に反応して退避出来にくいので、横切ってくる船の大きさにもよりますが、最悪の場合、横転する恐れが有ります。横転する危険を回避する意味でも、安全旗を立てて早く自船の存在を周囲に知らせるという事は、非常に大事だと感じました。

さて、ジギング開始です。40gのイワシカラーのメタルジグを真下へ落としワンピッチワンジャークを繰り返します。しかし中々当たりがありません。予定していた午前8時00分になり、そろそろ帰ろうとした時. . .ヒット!!

※帰港後に下処理しました

カヤックフィッシングをしてメタルジグでの初釣果はツバスでした!もう少しジギングを続けたかったのですが周囲の船も動き出す感じと、浜寺水路で競技用カヌー利用者とバッティングして準備の邪魔になると申し訳ないので、急いで桟橋まで帰りました。この時に感じたのが、時間に追われいる時の手漕ぎは非常に辛いものが有り手漕ぎの限界です。

釣行時間や移動スピードが欲しい場合はやはり2馬力船外機が必要と強く感じました。自宅に戻り、ツバスのサイズは37cmでした!今度はハマチサイズ(40cm以上)を釣りたいと思います!

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。