コンパクトフィッシングカヤック リアフロート手直し

こんにちは。とっしゃん23です。

コンパクトフィッシングカヤックのリアフロート固定治具の一体式に変更という事で、実際に取り付けました。

進行方向に向いて少し左側が下に傾いている様に感じました。特に気にしなければ、次工程の塗装&錆止めに進めていけるのですがこの傾きがどうしても気になるので手直しをしたいと思います。

合わせて「軽油用ポリタンク10L」も取り付けてみました。

手直し後がこんな感じです。

かなり左右対称になったと思います。

この「軽油用ポリタンク10L」の固定方法は防腐木材をM6のキャップスクリューボルトで固定しています。

コンパクトフィッシングカヤック使用時に「軽油用ポリタンク10L」を都度取り付け&取り外しを行う為にこの防腐木材にネジ山を埋め込む必要が有りその時に便利なのが、

「鬼目ナット」読み(オニメナット)

この「鬼目ナット」とは例えば

M6サイズの「鬼目ナット」の場合8,6mm〜9,0mmのドリルキリで下穴をハンマー等で打ち込みます。

すると、M6のキャップスクリューボルトを締め込む事と緩めて取り外す事も可能になる便利な商品です。

「軽油用ポリタンク10L」の固定具合もしっかりと固定されており、よぼどの力がか掛からない限り外れる事はないでしょう。

次回は「塗装&錆止め」をして仕上げていきたいと考えてます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。