初始動!ホンダ二馬力船外機BF2(トランサムS)

こんにちは。とっしゃん23です。

今日は「ホンダ二馬力船外機」を船外機専用スタンドに装着した状態で初始動をしてきました。取扱い等の注意点を自分なりの紹介ですがご覧頂ければ嬉しいです

空冷式のメリットである水に付けなくても作動させることができます

〓もくじ〓

①ホンダ二馬力船外機の初エンジン始動(慣らし運転)を実施

②ホンダ二馬力船外機のエンジンが初始動するまでの時間

③使用後のガス抜き方法とエンジン停止までの時間

④まとめ

①ホンダ二馬力船外機の初エンジン始動(慣らし運転)を実施とエンジンが初始動するまでの時間

・燃料のガソリン(1,0L)を燃料タンクに給油後ホンダ二馬力船外機本体のガソリン供給レバーをONにして3分待ちました

・上記の時間が過ぎたあとホンダ二馬力船外機のチョーク弁を引き、スターターハンドルを勢いよく引っ張りエンジンが初始動するまで30回程度引っ張りました。初始動するまでの時間は5分掛かりました

②ガソリン燃料をホンダ二馬力船外機の燃料タンクに給油後の取扱い注意点

・ガソリン燃料を燃料タンクに給油後に運搬・保管時は燃料タンクのキャップに付いている通気ノブはしっかり閉めること

・運搬する時にホンダ二馬力船外機を横に寝かす時はスロットルグリップが付いている面を上側に向けて運搬する

・寝かさない場合は船外機専用スタンド等に装着した状態で運搬する

③使用後のガス抜き方法とエンジン停止までの時間

・ホンダ二馬力船外機の使用後はガソリンが燃料タンクに残っている状態の方がほとんどだと思いますが、燃料供給配管内のガソリンを抜く必要があります

・その方法はホンダ二馬力船外機本体のガソリン供給レバーをOFFにした状態でエンジンを始動させてください。

・エンジンが始動したらスロットルグリップは亀マークの状態で約10分程放置してください

※燃料供給の配管内ガソリンを使い切るまで自然にエンジンが停止するのを待ちます

非常停止のピンを外すと
強制的にエンジン停止します

④まとめ

・ホンダ二馬力船外機を購入して直ぐに付属のエンジンオイルを投入し、約5ヶ月程自宅の倉庫にて放置していたのが悪かったのか、エンジンが始動するまで想定していたよりも時間が掛かってしまいました。

10回〜15回ほどスターターハンドルを引っ張ればエンジン始動すると思っていたので正直焦りましたがエンジンが初始動させる事ができて良かったです。

※スターターハンドルを引っ張るときはホンダ二馬力船外機が転倒しないようにしっかりと手で支えて引っ張る様にして下さい。

転倒すると故障の原因にもなります。

あとエンジン始動後も船外機専用スタンドが上手く機能していて問題無く使用できました。

コンパクトカヤックフィッシングが出来る日が近いと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。ではまた明日。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。