こんにちは。とっしゃん23です。



今回はガーミンストライカー4(魚群探知機)で使用する振動子取り付け作業に入ります。

ですがこの度まで自作エンジンマウントの防腐木材に鬼目ナットを埋め込み加工し、

振動子をコンパクトフィッシングカヤックの出艇都度に着脱出来るようにしようと考えていたのですが、

ホンダ2馬力船外機のスクリュー部に近い為、振動子から出る超音波が干渉しないか不安要素な所もあったので、

リアフロート代用の軽油用ポリタンク10Lに振動子を取り付けれるように改良していこうと思います。

軽油用ポリタンク10Lのキャップ部を外し指を入れポリタンク容器の肉厚を測ってみると5mmほどあると感じられる程の厚みが有りました。

想定していたよりも、かなり厚みを感じられたのでポリタンクの側面に、防腐木材をビス止めすることが出来ると思います。※軽油用ポリタンクだからこの肉厚かもしれません。

とにかく、防腐木材に振動子の装着したステンレス製ステーを取り外し出来るようにすれば超音波に干渉する物もなく振動子が正常に機能すると想像できます。

写真にするとこんな感じです。

あとコンパクトフィッシングカヤックを車体から下ろすときに自作エンジンマウントより突起したM8のボルトが車体に当たりそうになったのでボルトの保護キャップも取り付けたいと思います。

明日早速ロイヤルホームセンター堺店に行き購入したいと考えています。

暖かくなる日も近いので明日中に

・リアフロート代用のポリタンクに振動子を取り付け作業

・M8ボルト用保護キャップを取り付け

を終わらせ完成させますのでしばらくお待ちください。

それではまた明日。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。