こんにちは。とっしゃん23です。

コンパクトカヤック船首からの海水流れ込み防止作業の変更をします。

以前にコンパクトカヤック船首にプラダンを仮付けし実際に海水の流れ込み具合を検証してうまく出来たのですが、仮付けしたプラダンの高さは必要以上ではないか?と思いました。

コンパクトカヤック船首側面に何か凸形状の緩衝材だけがあればカヤック内に海水は流れ込んでこないのではないか?と思ったので、もう一度検証します。

しかし現在は新型コロナウイルスの影響で、不要不急の外出は出来ないためコンパクトカヤック船首側面に凸形状の緩衝材の取り付け作業のみをしていこうと考えています。

〓結論〓

コンパクトカヤック船首からの海水流れ込み防止作業で、船首側面に取り付ける凸形状の緩衝材はホームセンターで安価で手に入るクッションテープ[極厚タイプ]にします。

〓もくじ〓

①緩衝材は防腐木材で良いのか?

②波切りするのに仮付けしたプラダン程の高さ本当に必要か?

③防腐木材に代わる緩衝材の代替品は?

〓題目〓

①緩衝材は防腐木材で良いのか?

・防腐木材で緩衝材の役割は果たすと思うのですが、コンパクトカヤック船首側面の形状に加工する必要があり、加工時間が掛かる。

・プラダンの挟み込む構造にしようとするとカヤック自体に穴を開けないといけない。

②波切りするのに仮付けしたプラダン程の高さ本当に必要か?※写真あり

・カヤック船首の形状に沿って海水がカヤック内に流れ込んでくるので凸形状の緩衝材だけがあればカヤック内に海水は流れ込んでこないのではないかと考えました。

③防腐木材に代わる緩衝材の代替品は?

船首側面はキズだらけ

・カヤック船首側面の形状に加工する必要がなく、船首側面の形状に貼り付けるだけで済む、ホームセンターで安価で手に入るクッションテープ[極厚タイプ]にします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。