こんにちは。とっしゃん23です。

 今日の料理は「超簡単 3ステップ 茶碗蒸し」を作ります。

使用する白だしは「創味の白だし 白醤油仕立て」なんですが、なぜ「創味の白だし 白醤油仕立て」を使用するかといいますと、この白だしには「しいたけエキス」が入っているからです。

椎茸(しいたけ)には、グルタミン酸・グアニル酸など旨味成分を豊富に含んでいるので、非常に美味しい茶碗蒸しが作ることができます。

それでは早速「超簡単 3ステップ 茶碗蒸し」の材料と作り方を公開します。

〓材料〓

●卵          1個

●白だし        小さじ2(10cc)

●水          大さじ8(120cc)

※具材はお好みで大丈夫です(注意事項あり)

今回は冷蔵庫にあったものを入れました。

☆カニカマ       1本

☆ウインナー      1本

☆小松菜(茹でたもの)   少量

☆エリンギ               少量

卵 1個 白だし 小さじ2 (10cc) 水 大さじ8 (120cc)を混ぜ合わせています

〓作り方〓

①●の材料を全て混ぜ合わせて、灰汁(あく)取り等でこし卵液を作ります。

②器に☆の材料を全て入れ①の卵液を流し込みます。

③鍋に水1カップ(200ml)入れ②の器をセットしアルミホイルで蓋をし、強火で3分30秒沸騰させた後、火を消してそのまま10分放置して蒸らして出来上がりです。

強火で3分30秒

茶碗蒸しは、強火で加熱し過ぎると巣(穴)が立つ原因になるので、弱火でゆっくり加熱することが大事です。

茶碗蒸しは巣(穴)が立ちやすく作り方が繊細ですが、この紹介している作り方だと、簡単に巣も最小限に抑えれますので、是非一度お試しください。

若干ですが茶碗蒸しに巣(穴)は立っていますが許容範囲だと考えてます

※お好みの具材で大丈夫と書いたんですが、舞茸(まいたけ)は生で入れないようにしてください。

舞茸(まいたけ)に含まれる酵素は茶碗蒸しを作る工程で、卵液を固まりにくくする性質があるので、生のまま入れないようにお願いします。

一度火を通すことで舞茸(まいたけ)の酵素は失われるので茹でる・蒸す事で茶碗蒸しに入れることができます。

もっと巣(穴)が立たない様に茶碗蒸しを簡単に出来るよう試行錯誤してみます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた明日。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。