こんにちは。とっしゃん23です。

今日は第25回目「だし巻き卵 刻みネギ入り」を作りました。

以前にも作ったのですが、今回は卵4個使用して、「だし巻き卵」を2本作ります。

通常は「だし巻き卵」を1本作るのに卵を2〜3個使用しますが、お弁当用&朝食用の「だし巻き卵」を作る時に、調味料を2回調合することなく、1回だけの調合で作れるので、朝の忙しい時間も有効に使えて時短にもなります。

お弁当箱に入れる事が出来る、ちょうど良いサイズに「だし巻き卵」が仕上がるのと、朝食用も含めて多めに作りたい時、非常に便利です。

以前に当ブログ内で紹介した

白だし5選の中で「フンドーキン」の白だしが個人的には、1番好きな味でした。

白だし5選 第18回目「 だし巻き卵 フンドーキン 塩分ひかえめ白だし」

卵4個使用するので「白だし」と「水」の分量も変わってきますので、参考にしていただければ嬉しいです。

それでは材料&作り方を紹介します

〓材料〓

●卵                4個

●フンドーキン 塩分ひかえめ白だし 15ml 

●水                   40ml

サラダ油             適量

〓作り方〓

①容器●の材料を全て入れ混ぜ合わせる

※ポイント①※

さい箸で30〜40回程度混ぜ合わせて溶き卵を作ってください。それ以上混ぜてしまうと、卵白が切れ過ぎてしまい、焼きあがった時に「だし巻き卵」のコシがなくなります。

コシを失うと卵が固まる力が弱くなり、ふわふわ食感が出せなくなります。

※ポイント②※

サラダ油をこまめに引いて、焼き固まった「だし巻き卵」の下に溶き卵を、さい箸を使い潜り込ませて焼く事です。

②【だし巻き卵1本目】卵焼き器を中火で温めサラダ油をひき卵2個分を焼き上げる

③【だし巻き卵2本目】残りの2個分の溶き卵をサラダ油をひいて焼けば出来上がりです。

手前が1本目 奥が2本目

ひっくり返すタイミングが違うだけで写真のように焼き色が違います。

全く同じ分量の白だし・水を使用しているのに、ひっくり返すタイミングが違う事で見た目も変わります。だし巻き卵はシンプルですが奥が深いと感じました。

フンドーキン醤油株式会社は九州・大分県の文久元年(1861年創業)から続く歴史のある醤油会社で、商品は「白だし」だけでは無く(味噌・柚子こしょう・ポン酢・醤油)等まだまだ有るので購入しみたいと考えてます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。