こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

昨日のカヤックフィッシング ジギング編では、残念ながらボウズ(釣果ゼロ)という結果になってしまいましたが、出艇場所のほど近くに真新しい建物を見つけました。

有田箕島漁協直営の「浜のうたせ」という海でとれた新鮮な魚や地元で収穫された野菜・果物和歌山・有田市の特産品がお土産として購入できる販売所です。https://hamano-utase.com/

ここは先月5月30日オープンしたての施設で、昨日でオープン5日目の「浜のうたせ」行くことができました。

早速店内に入ってみるとその日に漁獲ばかりの新鮮な魚や果物が売られています。

カヤックフィッシングで釣りたかった「イサキ」「マゴチ」「真鯛」なども売られており、驚くのはその販売している値段。

30cm前後の「イサキ」が¥286(税込)

40cm前後(約1kg)の「真鯛」が¥626(税込)

いずれも税込で安過ぎる。

迷いもせずに買い物カゴ入れてしまいました。

他にも買って帰りたい魚はたくさん売られていましたが、そんなに多く買って帰っても食べれないので、この写真を見てもらえればと思います。

春から夏に旬を迎えるマゴチが、40cm前後で¥500(税込)。

これは近日中にまた行きたいと考えてます。

この箕島漁港は太刀魚の漁獲量が長年全国1位を誇る漁港で、ここで水揚げされた太刀魚は紀伊水道の潮に揉まれ脂乗りの良い「紀州紀ノ太刀(きしゅう きのたち)」としてブランドになるほど、評価が高い太刀魚で、地元では「たっちょ」という呼び名で親しまれています。

もし有田・箕島近くに来られたら、是非寄って行っても損はないと思います。

自宅へ帰り購入してきた「真鯛」と「イサキ」この3匹で¥1,213(税込)

早速捌いてみるとイサキの内臓には、白子がパンパン。煮付けにして食べたいと考えています。

頭と内臓を取り水で血合いを綺麗に洗い流し、水分をよくとりキッチンペーパーを腹に詰めてラップをして巻いて2日程熟成させてから、刺身で食べたいと思います。

「真鯛」も先ほどの「イサキ」と同様に捌いててカルパッチョにして食べてみました。

とれたての「コリコリとした身」が最高に美味しいし「刻み大葉」にも相性バツグンです。

魚を捌く時はこの「苦玉」を潰さないように気を付けます。※苦玉とは「胆のう」の事で、食べ物を消化するための内臓の一つです。

この「苦玉」を潰して身に付いてしまうと水で洗っても取れないので、慎重にさばいてください。

万が一潰してしまった場合は色の変わったところを包丁で削ぎ落としさえすれば美味しくいただけます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。