こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んでいただきありがとうございます。

今日は二日前に和歌山県有田箕島漁協直営「浜のうたせ」で購入した「住吉丸 箕島産 イサキ」を捌いて柵(サク)取りにしました。

2匹で約600円で購入し、帰宅後直ぐに「イサキ」の内蔵を確認すると、内臓脂肪がたくさん付いていたので非常においしいだろうと期待をしてしまいます。

〓熟成処理〓

①鱗を丁寧に取り頭を落とします。

②肛門から頭の方に向かい腹の皮だけを切ります。

※キッチンバサミを使用するとやりやすいです。

血合い膜に切り込みを入れ、流水で血合い部分をブラシ等でこすり綺麗に洗い流します。

※私は血合い処理用に歯ブラシを使っています。

③その後、魚に付いた水気をよく拭き取り、キッチンペーパーを腹の中に詰め込んで魚全体もキッチンペーパーで巻き出来るだけ空気に触れないようサランラップを巻いて冷蔵庫に入れ2日間熟成させます。

※その状態がこんな感じです。

〓お刺身用 柵(サク)取りの手順〓

①魚を三枚におろす

②身側に着いた腹骨を削ぎ落とす

③包丁を使い尻尾の方から皮を引く

※刃の薄い包丁の方が皮を引きやすいです。

④背側・腹側に骨の無い状態にするために血合い骨を切り取る

⑤柵(サク)取りの完成

あとは、好きな厚みに切ってわさび醤油・生姜醤油を付けて美味しく頂けます。

薬味に大葉やミョウガなども相性が良くビールが進みます。

今回購入した「イサキ」は非常に脂が乗り一匹300円程とは思えない味で本当に美味しく頂きました。

その証拠に包丁についた「イサキの脂」をご覧ください。

捌いてる途中に包丁に付いた「イサキの脂」を拭き取らないと、滑って捌き難いぐらいでした。

コンパクトカヤックを使って自分で釣った「イサキ」ならもっと美味しく感じることでしょう。

まだ梅雨入りまで少し時間がありますので、梅雨入りするまでの休日に、もう一度イサキを狙いに行きたいと考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。