こんにちは。とっしゃん23 です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

先日、浜寺水路の水深がどれほどあるのか調べに行きましたが、もう一つ試したいことが有り行ってきました。それは、コンパクトカヤック キャリーハンドル取り付け部にガーミンストライカー4の振動子ステーの取り付け後の試運転も兼ねて水深を調べに行きました。

その時の動画がこんな感じです。https://youtu.be/y3CA5P0JRI4

コンパクトカヤック前進中に水の流れを受けしまい「振動子取り付けステー」が動いてしまう結果になりました。

帰り道にロイヤルホームセンター堺店に寄って購入してきたのが、

八幡ねじの「ゴムアンカー」という商品。

使用荷重は「5kgf」

下穴径は「10.2mm」

適用板厚は「0.8mm〜4.3mm」

※「八幡ねじ」は以前にもストックヤードの記事で紹介しましたが、アメリカ シンプソン社 シンプソン金具の業界トップクラスの導入実績を誇る正規取扱い代理店で東大阪の企業です。

この「ゴムアンカー」は、ネジや釘の使えない中空構造の壁の器具の取り付けに便利なツールで、振動緩衝効果により取り付け板の振動騒音を抑制します。

また液体・気体に対するシール効果もあり、絶縁性に優れています。

本来は鉄板や合板の中空構造用の商品ですが、コンパクトカヤックのリニアポリエチレンの素材でも使用できると考え一度試しに取り付けてみようと考えてます。

〓「ゴムアンカー」の取り付け方法〓

①ドリルで下穴を開けます。

カヤック素材のリニアポリエチレンの板厚は穴を開けてみると3.0mmあることが確認できたました。

②ゴムアンカーを差し込みます。

③取り付け物をネジで止めてください。

④ネジをドライバーで締め付けることで、ゴムアンカー内のナットが引き寄せられ、だんご状になりしっかり固定されます。

今回購入してきた「ゴムアンカー」のサイズは「Q-5」なので下穴は「10.2mm」です。

現在「10.2mm」のドリルを持っていなく、サイズの近いドリルは「9.0mm」だったので、まず「9.0mm」で穴を開けて、あとは電動リューターで「10.2mm」まで削り広げて、無事にハメ込む事が出来ました。

こんな感じで、しっかり固定されコンパクトカヤック前進中の水の抵抗を受けても恐らく動かないと考えています。

更に振動子を取り付けている防腐木材の取り付け方も変更してみました。

水の抵抗面積を減らし、水の抵抗を以前に比べて受けにくい仕様になりました。

以前の抵抗面積が大きい防腐木材の取り付け方

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。