こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

過去のコンパクトカヤック出艇時に自身の製作したリアフロートの効果があまり良くなく、

今後リアフロート固定治具を装着せずにサイドフロートとして変更しようかと考えています。

軽油用ポリタンク10Lを2個装着することで浮力は確実に得ることが出来るのですが、

2馬力船外機での運転・移動時に海水の抵抗をまともに受けやすくコンパクトカヤック後方収納枠に抵抗を受けた海水が流入してきます。

その不具合をどうしても改善することが難しく、リアフロートからサイドフロートに変更しようかと考えているところです。

サイドフロートならコンパクトカヤックからの距離も取れた状態で、2馬力船外機の運転なので海水がコンパクトカヤック内に流入してくることが低いと考えられます。

今回のリアフロート固定治具を製作するにあたりかなりの時間と労力が掛かりましたが、

実際に海でのリアフロートテストを繰り返してデメリットの方が多いので、やはりサイドフロートへの方針転換をします。

サイドフロートの固定治具も、もう一度最初から考え直して設計し自作していこうと考えていますで、当ブログ見てもらえれば嬉しいです。

明日は、早速「ロイヤルホームセンター堺店」に行きサイドフロート固定治具の材料&H型ドーリー差し込み用の「塩ビ配管」を買いに行こうと考えてます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。