こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

今日はストックヤード設置作業をしました以前 SPF 材に木材防腐剤を塗りしばらく作業をしていなかったので屋外に仮置きしていたSPF材に梅雨の影響も有り雨が、かなり掛かってしまいました。

耐候性の低いSPF材のため心配していましたが木材防腐剤を3度塗りしていた効果もあり、特に腐食や傷み等は無くストックヤードに改めて使えると感じました。

木材防腐剤を塗る前のSPF材

※SPF材とは北米産の針葉樹からできた木材で成長が早いので安価でホームセンターなどに販売されています。

しかし耐候性が低く虫にも弱いため屋外での長期間使用には向かないデメリットがあります。

〓使用した材料・金具〓

・リジットタイ2枚

・タイプレート2枚

・SPF材(38㎜×89㎜)

・ステンレススリムコーススレッド(3.8㎜×55㎜)

・ステントラスタッピング(3.5㎜×16㎜)

・2×4アジャスター 2バイ用

・ハイグリップアジャスター(M10)

リジットタイ
タイプレート
ステンレス スリムコーススレッド
ステントラスタッピングJS
2×4材用 アジャスター 2バイ用
ハイグリップアジャスター M 10

〓ストックヤード作業手順〓

テラスの支柱にSPF材※木材防腐剤塗り済(以後SPF材と表記します)を、ステンレススリムコーススレッド(3.8㎜×55㎜)を使用し固定します。

長さが足りないのでSPF材を必要な長さ分カットして、そのカットしたSPF材に2×4アジャスター 2バイ用とハイグリップアジャスター(M10)を取り付けて、再びテラス支柱の不足していた箇所に取り付け写真1のように固定しました。

写真1
写真1(拡大)

その後、写真2のようにSPF材をタイプレートとリジットタイ金具を使用し連結&繋ぎ合わせます。こんな感じになりました。

写真2(その1)
写真2(その2)

かなりリジットタイの金具が効いて強度があります。個人的に非常に満足しています。

作業前その1
作業前その2
作業後その1
作業後その2

ここまでの作業時間は約2時間で出来ました。

本日のストックヤード設置作業はここまでとします。

次回はこのSPF材の枠内に、片開きの扉枠を設置・取付け作業をしたいと考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。