こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

さて今日はサイドフロート用「軽油用ポリタンク」の波切りプレートの(プラスチック・樹脂溶接)「仮付け」を完了しました。

まず補助プレートの材料取りをする為に自宅で不要になった空箱を探して用意します。

ダンボールでも良いのですが、今回は菓子箱を使いました。マジックペンで波切りプレートの形状を描きハサミでカット、その補助プレートの型紙を材料取りしたポリエチレン素材のプレートに合わせて写真の様にマジックペンで罫書き(けがき)ます。

その後、罫書い(けがい)たポリエチレン素材のプレートを100㎜ディスクグラインダーを使用して切り取ります。

切り取った補助プレートを「はんだごて」を使い「仮付け」溶接を行いました。

最初に考えていた補助プレートの形状とは若干違いますが、波切りプレートの先端まで隙間なく埋めることで、2馬力船外機運転時の海水抵抗を軽減することが出来ると考えたので、このような補助プレートの形状になりました。

そしてサイドフロート「軽油用ポリタンク」の最下面から少しですが、角度を上に向ける事で、海水の流れをスムーズに出来るだろうと考えています。

「仮付け」溶接は以上で完了したので、後はポリエチレンの屑を使い「はんだごて」でプラスチック・樹脂溶接し「本付け」溶接をしていきます。

最後にアルミパイプをシャフトホルダーに通しサイドフロート「軽油用ポリタンク」を試しに取り付けてみました。

これはかなりコンパクトカヤックが海上で安定するのではないかと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。それでは明日もよろしくお願いします。

失礼します。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。