こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

今日はサイドフロートの海水抵抗によるアルミパイプシャフトの回転不具合の改善を行いました。

ロイヤルホームセンター堺店に行きシャフトホルダーに差し込めるステンレス製のピンを探しに行こうと思ったのですが、自前の工具箱の中で何か使えるものがないかと探してみると「ゴムアンカー」は使えるのではないかと思いました。

当初はシャフトホルダー下側にも穴開けしようと考えていましたが「ゴムアンカー」の締め付ける力でアルミパイプシャフトをしっかりと固定できると考えました。

まずアルミパイプシャフトをシャフトホルダーに固定した状態で、写真のように「3.0㎜」のドリルで下穴を開け貫通させます。

その後「6.0㎜」のドリルで穴を開けて徐々に広げていきます。最終的には「9.0㎜」のドリルで穴を開けて一旦シャフトホルダーのネジを緩めてアルミパイプシャフトを外します。

シャフトホルダー上側はここから「電動リューター」でゴムアンカーがキツめにセットできるまで穴を拡張していきます。

削っては確認の繰り返しですが、この作業が今回の作業で一番手間がかかりました。

このようにセットができました。

アルミパイプシャフトの方はゴムアンカーが差し込めるように「11.0㎜」のドリルで穴を広げました。

締め付けることでゴムアンカーが写真のように「15.0㎜前後」まで広がっているのが分かります。

これでしっかりとアルミパイプシャフトを固定できて以前のように2馬力船外機を5割出力してもアルミパイプシャフトごと回転してしまう不具合は起こらないと考えています。

「サイドフロートの軽油用ポリタンク穴埋め後の状態」と今回の「アルミパイプシャフトの回転不具合の改良後」のテストを明日したいと考えていますので、よければまた見て頂ければ嬉しいです。

最後まで見ていただきありがとうございました。明日もよろしくお願いいたします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。