こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

今回は、昨日の大阪府立漕艇センター前の堺・浜寺水路での出艇でエンジンマウント補強の「ステンレス棚受」取り付けビスが飛んでしまったので、改良案として考えたのが「ゴムアンカーQ5」です。(以後ゴムアンカーと表示)

コンパクトカヤック側に計4箇所「ゴムアンカー」を取り付けて以前よりも強力に「ステンレス棚受」を固定できると考えました。

元々はコンパクトカヤック側には2本のビスのみで写真のように固定していました。

以前の「ステンレス棚受」取り付け写真

今回は更に「2箇所」穴を増やして計4個の「ゴムアンカー」の固定力が上がると考えています。

このようにコンパクトカヤック側に「ゴムアンカー」を取り付けて「ステンレス棚受」をエンジンマウントの防腐木材にビスで締めます。

コンパクトカヤック側の4箇所の「ゴムアンカー」に別売りのステンレスねじ(M5x20㎜)1本あたり41円(税別)を締め付けた写真がこんな感じです。

以前の補強よりも確実にしっかり固定されており「ゴムアンカー」のステンレスねじが飛ぶ事は無いと思いますが、再度試運転(チェック)をしたいと考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 以前、コメントさせて頂いたnaruto と言います。お久しぶりです。
    ブログのほう、いつも楽しみにさせて頂いています。
    私のほうは、やっとフロートボートを購入しまして、DIYの最中です(船外機がまだなんですが・・)。
    いつかご一緒出来る機会があれば、いいですね!

    そうそう、私もエンジンのマウントは棚受けを使用しているんですが、
    ビスではなくて、全てボルト・ナットで留めております。棚受けの金属の部分の
    穴も増やしていたりします。
    他の趣味で木の板を使った際、雨に濡れた際に 荷重に耐えきれずにビスが飛んだことが
    あったので・・・。
    ですので、とっしゃんさんもボルト・ナットに変更したほうが安全かもしれません。
    余計なお世話でしたらすいません・・。

    これからも楽しみにしていますので、頑張って更新お願いいたします。

    いいね: 1人

    1. お久しぶりです!
      コメントありがとうございます。遂にフロートボートを購入したんですね(^^)
      おめでとうございます。

      確かにボルト&ナットの方がゴムアンカーより強度はあるでしょう(^^)
      ゴムアンカーに変更してから2度ほど強度チェックで船外機を装着した状態で運転しましたが異常は見られないのでとりあえず現状のまま使ってみます。

      今後ゴムアンカーの伸びや強度に不安ん感じるようで有ればボルト&ナットに変更したいと思います。
      ご指摘ありがとうございました。
      安全第一ですからね!
      良ければご一緒にカヤックフィッシング楽しみましょう!
      ブログ更新頑張ります!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。