こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

今日はサイドフロート軽油用ポリタンク切断面の全周樹脂溶接(プラスチック溶接)という事で「はんだごて」だけを使用する予定だったのですが、ポリタンク切断面の隙間が「5㎜」ほど空いているのと、作業時間短縮のため新しく電気工具の「ヒートガン」を購入しました。

この「ヒートガン」は自身が持っている「電動リューター」と同じメーカーのTACKLIFE(タックライフ)の「ヒートガン」です。

約350℃の熱風をピンポイントで送り込めます。(※ポリエチレンの融点は高くても140℃)

他にも各種手芸や塗装・シール剥がしに使えます。価格はAmazonで¥1850(税込)

作業時間短縮と樹脂溶接(プラスチック溶接)以外の用途でも使える今後の汎用性を考えれば、安価だと思います。

実際にこの「ヒートガン」を手で持って使用してみた感想は、非常に軽量でコンパクト。

そして他メーカーの「ヒートガン」を使った事は無いのですが使用時の音が、かなり静音だと感じました。

また煩わしい温度調整が必要のないON・OFFのシンプルな作りですので、作業性が良いでしょう。

この「ヒートガン」を使いポリタンクの広い隙間を無くして「はんだごて」を使い溶接すれば早く全周樹脂溶接(プララスチック溶接)が終えることが出来そうです。

「ヒートガン&はんだごて」をうまく使い分けて作業したいと考えてます。

今日は慣らし運転なので全周樹脂溶接は出来ていませんが「ヒートガン」の使うコツを掴むまで少し時間が掛かりそうです。

近日中に2つのサイドフロート軽油用ポリタンク切断面の全周樹脂溶接(プラスチック溶接)を完了させたいと考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。