【浸水チェック実施】幅広タイプのポリエチレンプレートも使い樹脂溶接(プラスチック溶接)します!

カヤックメンテナンス

こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

今日は昨日に引き続きコンパクトカヤックのサイドフロート(アウトリガー)代用である軽油用ポリタンクの樹脂溶接(プラスチック溶接)が一旦終わりました。

その後、軽油用ポリタンク内に外側からの水が入ってこないかチェックをしたところ、若干ですが浸水の確認をしてしまいました。(正直ショック)

確認後石けん水を作り、樹脂溶接部へ吹付けて軽油用ポリタンクの給油口からエアーを送った所かなりの箇所から気泡が発生いたしました。

このままでは海水がポリタンク内へ溜まってしまう可能性が有るので気泡が出てくる箇所の隙間を埋めなければなりませんが、細いポリエチレン素材の溶接棒で樹脂溶接(プラスチック溶接)をすると接合ラインにガタツキが出来てしまい、見た目も悪くなります。

そこで考えたのが幅の広いタイプのポリエチレンプレートを切り出し「はんだごて」を使用し樹脂溶接(プラスチック溶接)をして接合ラインが真っ直ぐになるようにしたいと考えました。

ダクトテープなどを貼り付けてやれば作業自体も早く終えることができるのですが、ここは樹脂溶接(プラスチック溶接)のみで完全に浸水しない様に作業を完了させたいと考えています。

ダクトテープ(インターテープ)

盆休みにも入ったので休み期間中にサイドフロート(アウトリガー)代用「軽油用ポリタンク」の樹脂溶接(プラスチック溶接)を完了させて、和歌山・有田か堺市・浜寺水路で出艇させ試運転兼カヤックフィッシングをしたいと考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた明日もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました