こんにちは。とっしゃん23 です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

ダイソー釣具にまたまた新しいラインナップが増えたので紹介します。

大阪湾では、そろそろ波止釣りで太刀魚が釣れるシーズンに入る頃になりました。その時期に合わせてなのか太刀魚のワインド釣法で使われる「太刀魚用ジグヘッド」と「太刀魚用ワーム」が販売されていました。

※ワインド釣法とは竿をしゃくりながら「ジグヘッド」にセットした「太刀魚用ワーム」をジグザグに動かして太刀魚の捕食スイッチを入れ釣り上げる釣法です。

「朝マズメ」や「夕マズメ」の太刀魚の活性が高い時に非常に有効で、ルアーフィッシングと同様の感じで楽しめます。

各有名釣具メーカー品なら「太刀魚用ジグヘッド」だけでも¥500〜¥800はしますが、ダイソーの場合は¥200(税抜)

「太刀魚用ワーム」も2本入りで¥100(税抜)なので¥300(税抜)あれば手軽にワインド釣法が楽しめるという非常にコストパフォーマンスが高いです。

ダイソー釣具の「ケミカルライト25」もセットすれば太刀魚の釣れる可能性が間違いなく上がるでしょう。この「ケミカルライト25」も発光時間が約5時間というのも嬉しい限りです。

それも¥100(税抜)で8本入っているので、1本あたり¥12.5(税抜)

実際に「ジグヘッドワーム」のみと「ジグヘッドワーム(ケミカルライト25入り)」の発光具合を比べてみました。

『ジグヘッドワーム』のみ

「ジグヘッドワーム」だけでも、かなり発光しているのが分かります。この状態でも個人的には釣れると思います。

『ジグヘッドワーム(ケミカルライト25入り)』

そして「ケミカルライト25」を入れた時の「ジグヘッドワーム」はもうこれは革命ですね。煌々と発光しているのが確認出来ます。

¥400(税抜)で、このコストパフォーマンスは感動しました。

ダイソーは一体どこまで釣具に力を入れていくのかこれからも期待が高まります。

大阪湾の波止から太刀魚の釣果が上がりだしたら必ずこの「ジグヘッドワーム」を使うので、また当ブログで報告したいと考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。