こんにちは。とっしゃん23です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

出艇時に魚群探知機(ガーミンストライカー4)の振動子付きステンレスステーをセットする時に、一度ステンレスステー固定用のゴムアンカーの蝶ネジを海上で緩め取り外さなければ振動子をセットする事が出来ず、少し手間になっていた不具合を今回改善してみました。

長穴部にゴムアンカーの蝶ネジを入れる必要がある

それは振動子付きステンレスステーに切り込みを入れてゴムアンカーの蝶ネジを取り外さず、緩めた状態で振動子ステンレスステーをセット出来るというもの。

切り込みを入れる事で蝶ネジを取り外す手間が無くなった

これまで出艇直後にゴムアンカーの蝶ネジを一旦緩めて取り外さなければならず、一瞬の時間ですがコンパクトカヤック内部に海水が入る時間が生まれていました。

ディスクグラインダーを使用して、ステンレスステーの一部に切り込みを入れる事で、スムーズに振動子付きステンレスステーをセットする事が可能になりました。

うまく改善できたので、これからはゴムアンカー蝶ネジ締め付け部から、コンパクトカヤック内部に海水が入る心配も無くなるので安心です。

切り込みを入れることで波や2馬力船外機運転中の影響などで、振動子付きステンレスステーが外れてしまう恐れもあるのではないかと考えたのですが、ステンレスステーの船首側に切り込みを入れてしまうと海水の抵抗により外れるリスクは有ったですが、コンパクトカヤック船尾側に切り込みを入れる事により、海水の抵抗を受けても外れる心配はありません。

少しの改善で出艇準備が短縮されたと思います。反省点を挙げてみると少し切り込み幅が広くし過ぎたかなと感じました。

もう少し切り込み幅を小さくしても良かったと感じました

これで1度出艇して不具合が出ないか確認してみます。

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。