【簡単】エソの骨取り・骨抜き方法

こんにちは。とっしゃん23です。
いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。


先日、大阪 泉南郡 深日港駅近くの波止から、タチウオ釣りをした際に約30cm程の「エソ」を釣り上げた同行者の先輩から、ありがたく頂いたので、お刺身で食べてみました。



「エソ」は釣りをされている方にとっては嫌われ者の存在で、その理由としては、



①「釣れても小骨が多いため下処理に時間がかかる

②「鋭い歯を持っているため釣り糸(ライン)を切られてしまう」

③「見た目が爬虫類の様な顔付きでグロテスク


など様々な理由があります。

しかし「エソ」は、「おでん」や「お正月」によく使われる「かまぼこ」の原材料として貴重な存在でもあります。

特にエソの「かまぼこ」は「高級かまぼこ」として重宝される魚です。

そんな小骨が多く下処理に手間がかかる「エソ」を今回は簡単に小骨を取れる方法を紹介します。

「エソ」の身は非常に柔らかいので、お刺身で食べる場合は、釣り上げてすぐに血抜きをして頭と内臓を取ったものを使うことをおススメします。

その頭と内臓を取り自宅へ持ち帰った後、鱗取りをした「エソ」がこちらです。


そして、まな板の上に背びれが上になるように寝かせて出刃包丁(重みのある包丁)を使用し、包丁の腹・平で叩きます。


十分に「エソ」が平べったくなるまで叩いた後、裏返して中骨をつまんで引っ張ると、
小骨も一緒に付いてきて、手間のかかる骨取り処理も簡単にできます。

包丁の腹・平で叩く
中骨を引っ張ると小骨も一緒に付いてきます
腹骨は削ぎ落とします


今回はお刺身で食べましたが、身を叩くことで骨が取りやすくなった半面、身割れしてしまい
身が柔らかくなったので調理方法としてはフライ等の火を通した方が美味しく食べれるかなと感じました。



釣りをされてエソを釣り上げた時は、是非一度お試し頂けたらと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
それではまた明日もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました