こんにちは。とっしゃん23です。
いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

今年中に2馬力ゴムボートを購入しようと考えていたので、ゴムボートオーナーになる上で知っておかなければならない安全な使い方や正しい保管などを勉強するべく、今回は一冊の本を購入しました。

その本は「2馬力ボートのすべて」

今年中に購入予定だったジョイクラフト決算セールのゴムボート「パプリカ303」は完売してしまっていたので、これから1年間は時間が設けられたと考えて、今回購入した「2馬力ボートのすべて」を熟読し知識を深めればと考えています。

中でも「海上での法律とルール」は必ず覚えておきたいので、いくつか抜粋して紹介します。

海の基本は

「右側通行」

他のボートや船舶が自分のボートに向かってまっすぐ進んできて、そのまま走れば衝突するような場合は、互いに舵を右に切ってすれ違うようにしなければなりません。

2馬力ボートではあまり無いですが前方を行くボートを追い越す場合は、
他船の左舷に見て、右側から追い越すようにします。
自分のボートが出す引き波が他船に影響せぬよう、できるだけ離れることも覚えておく。
この「右側通行」全世界共通のルールで海だけでなく湖や川でも基本は同じと覚えておきましょう。

視界を遮る物のそばを走るときは

「右小回り 左大回り」

港の入り口などには防波堤や構造物があってその向こうに船がいても視認しにくいことが多い為、相手船も動揺でお互い無警戒のまま進むと出会い頭に衝突する危険があります。
そこで海では防波堤などの突端を右舷に見て走る場合は出来るだけこれに近寄って走らなければなりません。
反対に防波堤などの突端を左舷に見て走る時は出来るだけこれを遠ざかって走らなければならないと決まっています。
「右小回り 左大回り」と覚えておくと良いでしょう。

停泊中の船をのそばを走る時も同じで、その船舶の、船首または船尾を回り込む時はやはり、「右小回り 左大回り」のルールに従わなくてはなりません。

このように海上での法律やルールがあるので
2馬力ゴムボートやコンパクトカヤックでの釣行中には必ず覚えておきたいと思います。

また2馬力ボートに関して自身が新しい知識や便利だと感じた事があればアップしたいと考えています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。