こんにちは。とっしゃん23です。

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

今日は、先日購入したジェイモ1.2馬力 船外機(SP-1 plus)の燃料についての注意事項と個人的な見解です。

燃料タンク容量は550ml

ジェイモ1.2馬力 船外機は、ホンダ2馬力 船外機のガソリン燃料のみ使用とは違い、

「2サイクル専用オイル」を混合させての運転が絶対条件です。

また「2サイクル専用オイル」は等級(グレード)があり、主にFB級・FC級・FD級の3種類に分類されます。

「F」の後のアルファベットB⇨C⇨Dと進むにつれて等級(グレード)が上がります。

つまり高品質になっていきます。

端的に説明すると

JASO(日本自動車技術会規格)に適合した

「FB」規格オイル・・・潤滑性・清浄性など基本性能に優れているオイル

「FC」規格オイル・・・「FB」に比べて更に、排気煙・排気系閉塞性能に優れています。

「FD」規格オイル・・・「FC」に比べて更に、清浄性を上げて、エンジン内部を綺麗に保ちカーボンの根詰まりによる排気孔やマフラーの故障を防ぎます。

カストロール エンジンオイル POWER1 RACING 2T 500ml 二輪車2サイクルエンジン用全合成油 FD Castrol

「ジェイモ1.2馬力 船外機(SP-1plus)」に、

ガソリンのみの運転絶対にしてはいけません。エンジンが焼き付いて必ず故障します。

またジェイモ1.2馬力 船外機の燃料タンクに、給油する時の「ガソリン」「2サイクル専用オイル」混合比は次の通りです。

分かりやすい動画もありましたのでご覧下さい。(この動画は草刈機の運転動画ですが、ジェイモ1.2馬力は、草刈機ベースの船外機なので相違が無いものとします)

【草刈機(25:1用)に50:1混合油を使用するとどうなる?】https://youtu.be/L-ix-UXdt34

かなり排気煙が少なくなっているのが分かります。コンパクトカヤックでの釣行中の排気煙は出来る限り少ない方が、カヤックフィッシングに集中出来るのもありますし、何より環境のことも考えると(FD・FC)規格オイルを使用したいと考えています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。