こんにちは。とっしゃん23です。

いつも当ブログを読んで頂いてありがとうございます。

今回は第39回「だし巻き卵 缶詰やきとり入り」を作りました。おつまみにも良く合う「缶詰やきとり」と「だし巻き卵」を合体させてみました。

「缶詰やきとり」のタレが卵との相性が良いと思い「だし巻き卵」の中に入れてみたいと考えました。

結論から言うと「缶詰のタレ」と「やきとり」はそれぞれ分けて使った方が良いと感じました。「やきとり」は少し刻んだ方が巻きやすく、溶き卵自体も、刻むことで火が通りやすくなります。ですのでもう一度、近日中にチャレンジしてみようと考えています。

「やきとりのタレ」が原因で少し焦げ目がつきやすく、巻くのが正直難しいと感じました。

それでは今日作った「だし巻き卵 缶詰やきとり入り」の作り方の紹介です。

【だし巻き卵 缶詰やきとり入り】

〓材料〓

●卵                2個

●白だし              10ml 

●水                   30ml

サラダ油             適量

缶詰やきとり(塩味)         1缶

〓作り方〓

①容器に●の材料を全て入れ混ぜ合わせます。

②卵焼き器を中火で温めサラダ油を引き1/3溶き卵を入れて、卵焼き器全体に広げます。

※卵焼き器を傾けても溶き卵が動かなくなるまで焼いてください。

③前行程のだし巻き卵の奥側に、を写真の様に開封した「缶詰 やきとり」を全部並べて巻いていきます。※フライ返しを使った方が巻きやすいです

手前まで巻いたら再び卵焼き器の奥側に移動させ、残りの溶き卵1/2を流し込み手前に、巻き焼いて繰り返し、最後に溶き卵を全て入れて焼けば出来上がりです。

やきとりのタレが原因で焦げてしまいました

※コツ①※

卵を混ぜ過ぎてしまうと、卵白が切れて、焼きあがった時に「だし巻き卵」のコシがなくなります。卵白を残すようにしてください。

今回は50回混ぜ合わせました。

卵白を切り過ぎて焼いてしまうと「だし巻き卵」の卵が固まる力が弱くなり、ふわふわ感が出せなくなります。

※コツ②※

開封した「缶詰やきとり」をそのままの状態で「だし巻き卵」の中に入れる事で、巻き難さは有ったものの食べ応えが有って美味しいと感じました。

次回は溶き卵の中には「やきとりのタレ」を入れて焼いてみたいと考えています。

気になった方は作って頂けると嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

ディスカッションに参加

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。