こんにちは。とっしゃん23です。
いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

さて今回は第41回目「刻み生きくらげ入り だし巻き卵」を作りました。

今日は鳥取県産の「生きくらげ」を使用しました。「生きくらげ」には食物繊維が豊富に含まれており、それはゴボウの約3倍もあります。

食べる事で腸内環境を整える整腸作用があり、便秘の改善を促します。最近では話題の腸活に非常に効果的です。

またビタミンDは食品の中でもトップクラスで、ビタミンDを摂取する事で、骨や歯の成長を促してくれるので「骨粗しょう症」の予防にも一役買ってくれます。

ビタミンDは、太陽光を体に浴びることで、体内で作られるのですが、最近ではUV(紫外線)対策をされる方が増え、特に女性や子供に不足しがちな栄養素と言われています。
成長期の子供も食べておきたい食材のひとつでしょう。

そんな「生きくらげ」は、中華でも卵との相性が良い為、よく一緒に調理されていますので、今回は「だし巻き卵」の中に入れてみようと思いました。

それでは今回作った「刻み生きくらげ入り だし巻き卵」の作り方の紹介です。

【刻み生きくらげ入り だし巻き卵】

〓材料〓

●卵                2個

●白だし          10ml(小さじ2)

●水            30ml(大さじ2)

サラダ油             適量

生きくらげ(刻んでおく)    2枚(写真の量)


※生きくらげは、ごま油を熱したフライパンで塩コショウで炒めておいてください。

ごま油           5ml(小さじ1)

塩コショウ            少々


〓作り方〓

①容器に●の材料を全て入れ混ぜ合わせます。


②卵焼き器を中火で温めサラダ油を引き1/3溶き卵を入れて、卵焼き器全体に広げます。

※卵焼き器を傾けても溶き卵が動かなくなるまで焼いてください。



③前行程のだし巻き卵の奥側に、写真の様に炒めた「生きくらげ」を並べて巻いていきます。


※フライ返しを使った方が巻きやすいです

手前まで巻いたら再び卵焼き器の奥側に移動させ、残りの溶き卵1/2を流し込み手前に、巻き焼いて繰り返し、最後に残りの溶き卵を全て入れて焼けば出来上がりです。


※コツ※
卵を混ぜ過ぎてしまうと、卵白が切れて、焼き上がった時に「だし巻き卵」のコシがなくなります。卵白を残すようにしてください。
今回は50回混ぜ合わせました。


卵白を切り過ぎて焼いてしまうと「だし巻き卵」の卵が固まる力が弱くなり、ふわふわ感が出せなくなります。

食後の感想はごま油で炒める事で風味が良くなり「生きくらげ」のコリコリとした食感が美味しく感じれました。栄養面でも食物繊維が豊富なので女性に好まれる「だし巻き卵」になったと感じています。

気になった方は一度作って頂けると嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。