こんにちは。とっしゃん23です。
いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

先月に自作ストックヤード扉上に波板を貼り付け作業(2020年9月2日以降)波板最上部の隙間充てん(コーキング作業)が止まったままになっていましたので、そろそろコーキング作業の再開をしたいと思います。

養生テープの張り付けている所から雨水が
入って来ないようにしたいと考えています。

良いコーキング剤が無いか就業後にロイヤルホームセンター堺店に行って来ました。

入店し探していると、手早く簡単に隙間を埋めることができる商品を見つけました。その商品とは

「インサルパック(発泡ウレタンフォーム)」¥649(税抜)

専用のノズルが付いているので充てん作業がしやすく断熱性・気密性が上がります。

そして環境に優しい「ノンフロン仕様」

これは吐出したウレタンフォームが1.5倍〜2.0倍に発泡し膨らむことで、隙間充てんに効果を発揮します。

しかし発泡ウレタンフォーム硬化後は、紫外線や水により劣化するので、屋外や雨の当たる場所へ施工をした場合は、必ず表面処理をしなければなりません。

ですのでストックヤード波板最上部の隙間充てん作業の流れは、

①波板の内側から「インサルパック(発泡ウレタンフォーム)で隙間を埋める

【硬化時間の目安】
表面硬化まで15〜30分
カッターで切れるまで60〜120分

②硬化後に波板最上部の露出している「インサルパック(発泡ウレタンフォーム)」をカッターで切り取る

③切り取った表面に「シリコーン シーラント」を塗布して、防水処理として仕上げる

といった流れで10月中に作業していきたいと考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。