こんにちは。とっしゃん23です。
いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

さて本日は釣りで使用するリールに、PEライン・ナイロンラインの巻替え時に非常に便利な、第一精工「高速リサイクラー2.0」を購入しました。

以前までリールへのライン巻替え時は、ラインスプールにボールペン等を差し込んで、妻や娘に手伝ってもらい、テンション(張力)調整をしながら巻替えていました。

ですがこの第一精工「高速リサイクラー2.0」が有れば、1人で簡単にテンション(張力)をかけながら、リールに巻替えることが可能になります。

テンション(張力)が均一になっていないと、
リールのライン巻取り部であるスプールの中に巻きムラが生まれグチャグチャになってしまいます。

せっかく新品のラインを購入したのに、トラブルの原因にもなりますし、その時はリールに巻替えることが出来たとしても、釣行中のキャスト時にバックラッシュ(ライントラブル)の原因にもなります。

また「高速リサイクラー2.0」のハンドル1回転でラインスプールをセットするシャフトが3.5回転するので、商品名の通り非常に高速で巻替え・巻取り作業が可能になります。

自身のPEライン1号200mの場合だと、計測したところ「2分8秒」で巻き取ることが出来ました。

またリールに巻いているPEラインの裏返し作業も簡単に出来るので、長くPEラインを使用する事も出来ます。

本体も非常にしっかり作られていて¥3,996(Amazon 2020年11月18日現在)を出して購入する価値はあると感じました。

前バージョンの「高速リサイクラー」の方が価格も安いので、当初は「高速リサイクラー」の方の購入を考えていたのですが、普段使用している机の板厚が40mmある為「高速リサイクラー」では、机に取り付けてクランプすることができません。

高速リサイクラー2.0は机などに固定する際の取り付け有効幅が43mm(高速リサイクラーは35mm)に広くなりました。

クランプ取り付け幅をよく確認せずに
注文してしまい結局返品しました

購入することを迷われている方は、まずクランプ取り付け幅を確認して、取り付け可能な方の「高速リサイクラー」又は「高速リサイクラー2.0」の購入を判断すると良いでしょう。

やはり便利な物や良い道具はそれなりの価格はしますが、それだけの理由があると思います。正しく使用すれば10年は軽く使えるものだと個人的に感じます。長くお世話になりそうです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。それではまた明日もよろしくお願いします。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

コメントを残す

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。