【バスポンプ給水時間】洗濯機(10kgタイプ)を満水(68L)にする時間&収納方法

DIY・修理・購買

こんにちは。とっしゃん23です。
いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

本日はバスポンプメーカー名「KOSHIN」
型式 「KP-104JH」(スタンダードタイプ:入切のみ)【4mホース付き】
を使用して縦型洗濯機(10kgタイプ)を満水(68L)にするために風呂水を吸水しました。

満水(68L)にするのにかかった時間は『7分28秒』です。

バスポンプ付属のホースも4mと長かったので、今回余った部分はバスタブ内に入れて使用運転しましたが、余分なホース長さをカットすればもう少し時間短縮できると考えています。

使用後のバスポンプ収納方法は、写真のように小型発泡スチロール内に入れて洗濯かごを上に置くようにすると邪魔になりません。

万が一にタイマー(運転時間)を測り忘れても満水になると洗濯槽の構造で自動排水になってくれるので安心です。

※ただしバスポンプの連続運転時間が30分以上を超えて使用するとバスポンプの消耗が早くなるので、マグネット式キッチンタイマーを洗濯機本体に貼り付けておき運転時間の管理をするのをオススメします。

100Vコンセントには逆さまに差し込んでいます

明日から始まる育休で自宅で居る時間も長くなるので家計の基本料となる水道代をバスポンプを使って節水し固定費を少しでも減らしたいと考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました