【石油ストーブ調理レシピ】ねっとり食感 極旨「焼き芋」

簡単料理レシピ・食料品

こんにちは。とっしゃん23です。
いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

大阪・堺市の昼間の気温もだいぶ暖かくなってはきましたが、朝晩はまだ肌寒く我が家では石油ストーブを使用しています。

前回、屋外で食べた「焼き芋」が、よっぽど美味しかったのか、今朝にもう一度「焼き芋を作ってほしい!」と長女からリクエストされたので、今回は、前回と同様で大分県産ブランド芋「甘太くん」を使い「焼き芋」を作りました。

パッケージに同梱されていた「焼き芋ブック」を参考に石油ストーブで焼き芋を作ってみました。

焚き火で作るよりも時間は掛かってしまいますが、美味しく焼き上げる事が出来たので作り方の紹介をします。

【作り方】
①濡れたキッチンペーパーで包んだ「さつまいも」を、アルミホイルで包みます。

※石油ストーブの火力は写真の通りでダイヤル真ん中(中火力)

※「焼き芋ブック」には、スチール製の空き缶の中に入れるとされていますが、自宅に無かったので、そのまま直に置きます。

【注意】石油ストーブの上は非常に熱いので火傷に注意してください。

②焼き時間は片面7分×4回ひっくり返し焼き上げます。

※「さつまいも」のサイズで、焼き時間も多少変わってきます。

※今回使用した「さつまいも」サイズは手の平サイズです。

③爪楊枝等で刺して、火が通っているか確認して固かったら焼き時間を長くしてください。

出来上がったのがこちらです。

焚き火で作るよりも、ねっとり食感で極旨な焼き芋を作ることができました。

石油ストーブが有れば一度お試しください。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

  1. CoccoCan より:

    相当美味しかったんですね。ストーブで焼くのも美味しいですよね☆
    私もあえて手のひらサイズの大きさの芋を選んで、焼き芋にすることが多いです。焼けるのが早く、食べきりサイズでちょうどいいですよね♪

タイトルとURLをコピーしました