【風呂扉の樹脂パネル割れ】割れ・穴補修完了!ですが再度手直し必要!

DIY・修理・購買

こんにちは。とっしゃん23です。

いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

本日は昼過ぎから風呂扉の樹脂パネルに発生した割れと穴の補修作業に取りかかりました。

「プラリペア」の取扱説明書を読むと、割れ補修の場合は、まず割れ目に沿って電動ルーターでV字に溝を作るとのこと。

V字に溝を作ることで割れ部に「プラリペア」の接地面積が増えて強度が上がると考えます。

樹脂パネルの色もクリアーカラーの為、マジックペンで印を入れたのですが、かなり広範囲に割れていてV字溝に削るのに時間が掛かってしまいました。

そのあと小さい穴もあるので裏面にテープを貼り付け、取扱説明書で紹介されている「基本的なニードル法」を真似て慎重にV字の溝に「プラリペア」を埋め盛っていきます。

樹脂パネルに発生した割れと穴は上手く「プラリペア」で埋めることが出来たのですが、ヤスリがけ作業で、白くボヤけてしまいました。

その結果、見た目が悪くなってしまった。

浴室を使用する分には支障は無いのですが、見た目を重視して、割れ補修部の最上部ラインから下方向に塗装しようと決めました。

少しでも割れ部を目立たなくさせる為、急遽ホームセンターに向かい「プラスチック用の塗料スプレー」と「プライマー(塗料剥がれ防止)スプレー」を購入。

プラスチック用 水性スプレー
プライマー

塗装面の樹脂パネルに付着しているホコリや汚れをアルコールで拭き取り、換気扇をON。

プライマーを吹き付け20分後プラスチック用の塗料スプレー(ホワイト)を1回目の吹き付けました。洗面所が一瞬にして有機溶剤の臭いで充満。かなり臭い。

まだプラスチック用塗料のホワイトにムラがあるので2回目の吹き付けをしたかったのですが続きは明日扉を取り外し屋外でします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

明日もよろしくお願いします。

コメント

  1. CoccoCan より:

    かなり大掛かりな作業ですね。。。
    言ってはいけない一言だとは思いますが、、、「壊さないように気を付けます」笑

    とっしゃん23さんみたいにマメな人でないと、こんなにきちんとできないと思います!!

    • 浴室は滑りやすく、ホント簡単に割れるので気を付けて下さいね(笑)
      再発防止で入浴中は風呂蓋を扉の前に置くようにしています(^^)
      塗装も気合いを入れ過ぎずほどほどで終わらせます☆

タイトルとURLをコピーしました