【風呂扉の樹脂パネル塗装(アクリル板)】目立たなくなった補修跡

DIY・修理・購買

こんにちは。とっしゃん23です。
いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

今日は朝から樹脂パネル(風呂扉)を取り外し、駐車場で塗装作業を再開しました。

〓作業手順〓

①新聞紙とマスキングテープを使って塗装部分以外をしっかりと養生する。

②塗料の乾燥に2時間放置。

③塗料の乾燥を確認後、新聞紙・マスキングテープをすべて外し、浴室の風呂扉レールに戻し完了。

目立っていた樹脂パネルの補修跡もパッと見て分からないので良しとします。

若干、塗装ムラが有りますが良しとします
洗面所の照明を消した時の様子

しかし風呂扉の樹脂パネルは意外と簡単に割れるので皆さんも足を滑らし転倒しない様又はぶつけない様に気を付けて下さい。

〓再発防止策〓

今後同じ事が起こらないように浴槽の蓋を、樹脂パネル前に立てて置き入浴します。

まとまった収入があった時にスムーズに風呂扉を交換できるよう、風呂扉の型番を製造メーカーに問い合わせて準備しておきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました