前回、手漕ぎの限界を感じたので、とうとう2馬力船外機を購入しました。購入したのは、ホンダ二馬力船外機BF2(トランサムS)タイプ

コンパクトフィッシングカヤックを購入当初は手漕ぎで十分だと思っていたのですが、時間に追われている時の手漕ぎの辛さと釣行範囲の狭さを痛感したので非常に高い買い物ですが、買って良かったと思える日々を迎えるために大切にそして大事に管理すべく、2馬力船外機用のスタンドとコンパクトフィッシングカヤックに装備できるようにマウントを、自作していきたいと思います。

まずはスタンドですが、毎度利用させてもらっているロイヤルホームセンター堺店で、木材 SPS材 2×4 (38 mm× 89 mm)1810 mmを2本購入し、木材カットコーナーで700mm 2本 400mm 2本 300mm 2本 220mm 1本 にカットしてもらい、自宅にて組立をします。こんな感じにできました。

これなら車に積む事も可能なので持ち運びも簡単で便利です。

次に船外機用マウントを製作していきます。ホンダ二馬力船外機のクランプ部は木材の方が締め付けの力が強いと感じたので、木材で製作していきたいと思います。船外機マウント部はどうしても海水が被る所だと想像ができるので、防腐木材約(38mm×140mm×900mm)を購入

コンパクトフィッシングカヤックに取り付けるためにはH型ドーリー取り付け治具に、マウント用の防腐木材を固定しなければなりません、元々2馬力船外機を装着しようと思っていなかったので、どうやって防腐木材を固定しようか悩みましたが、H型ドーリー取り付け治具のL鋼に8.5mmの穴を開け、ステンレスのボルト(直径8mm×長さ60mm)で固定することに決めました。後上部にL 型の補助金具も2箇所取り付け

実際に、2馬力船外機を装着したのがこんな感じです。しっかり取り付け入れて非常に安定した装着感です。船外機の重量13,6kgを装着してもビクともしません。

しかしこのままの状態だとH型ドーリーを逆さに差し替えることが出来ません。なんとかこのままの状態(タイヤが下向き)で出廷できないものか、ノーパンクタイヤは浮力があるのか確認してみたいと思います。 自宅に使用していないポリ容器(ゴミ箱用)があったので水を入れてドーリータイヤ1つを、沈めようとしたのですが、なんと沈みません!浮くのです!どれぐらいの重さを載せれば沈むのか試してみたところ2kgの漬物石があったので載せてみます。なんと沈みません!後は砂を50g単位で袋に入れて、400gを乗せた所でドーリータイヤ1つが沈むことが分かりました。

という事は(2kg+350g=2,35kg×タイヤ2つ=4,70kg)浮力4,70kg得る事になります。

非常に嬉しい誤算です。しかし水の抵抗でコンパクトフィッシングカヤックの推進力が極端に下がるのなら、またH型ドーリーを差し替えれる様に改造しなければなりません。とりあえずこのままの状態で出船してみたいと考えています。

投稿者: とっしゃん23

コンパクトフィッシングカヤックの釣行での釣果や釣った魚等の調理、料理全般に、コンパクトフィッシングカヤックに関わる事も含め知って頂けたらと思います。

ディスカッションに参加

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。